ブラック企業あるある

こんにちは。ショウです。

私の会社で起こっているブラックな事例について

語っていこうと思います。

 

現在ブラック企業で苦しんでいる方なら

共感いただけることがあるかもしれません。

では、いきましょう!

 

就業規則条の出社時間は9時。でも実際は・・・?

 

私の会社の出勤時間は就業規則上、9時出社。

しかし実際は、全員毎朝8時までには出社し

朝礼を行っています。

 

社長曰く、我が社の就業開始時刻は9時からだが、

お前らが自主的に8時に出社しているに過ぎない、

と申しています。

 

有給休暇が自由に取れない

 

日本国内の中小企業で一切遠慮することなく、

気持ちよく有給休暇を取得できる企業は

どれだけあるのでしょう?

 

有給休暇は本来、社員の正当な権利のはず。

 

有給休暇を取ること=会社への背任行為(悪)

 

この風潮は何なんでしょうね。

 

ヘタしたら家族が亡くなっても認めないんじゃないか、

とさえ思ってしまいます。

 

給料明細に記されている、よくわからない残業代

2年位前、うちの会社は労働基準監督署の調査があったらしいです。

過去に辞めた人のタレコミが原因とか。

 

今まで残業代なんぞ払っていなかった会社は大慌て。

残業代をしっかり払っているという事実をでっちあげるため、

基本給を引き下げ、残業代をみなし残業として織り込み、

帳尻を合わせるという行動に出たのです。

 

今まで   → 基本給 25万円

ガサ入れ後 → 基本給19万円、 時間外手当6万円

 

 

今までと支給額は変わりませんよ、

明細上の表記が変わるだけなので

皆さんには全く影響ありませんよ、

だから安心してくださいね・・・。

 

 

まさにブラック!

 

 

どうせお前ら何も言えないだろ?

気にくわないんだったら辞めてもいいんだよ?

と言わんばかりの力技です。

 

お前ら、こんな数字じゃ安心して休めないだろ?

これも営業会社ではよく聞く話。

会社が掲げた目標値に対し進捗状況が悪いと

社長の機嫌はみるみる悪くなっていき、

公休日前日の夜、こんな言葉を掛けられます。

 

おぉ!ショウ君!明日出勤するんだって?

いや~!社員の鑑みたいな奴だなお前は!

お~い!みんな~!

ショウ君は会社がこんな状況じゃ不安で夜も眠れないから、

明日会社に出て仕事するそうだ!

お前らも少しは見習えよー!

はっはっはっ!

 

こんなのしょっちゅうです。

明日休むなよ、とはっきり言われる方がまだマシです。

 

お~い!今日の昼、俺はウナギでいいぞ~!

私の会社は創業以来、

ボーナスが出なかったことが無いそうです。

それは従業員にとって本当にありがたいことなんですが、

ボーナス支給日には誰かが社長の餌食になります。

 

いや~ショウ君悪いね~!

社長にごちそうしてくれるって?

じゃあ、せっかくだからウナギでもごちそうになるかな~!

ちなみに今日の昼は空いてるぞ!

 

この、ボーナス払ってやっているんだから、

社長に感謝して少しは還元しろ、

という考えが理解できません。

いかに従業員を見下しているかがわかります。

 

どブラックな状況からいかにして抜け出すか?

今回、私の会社の例を書きましたが、

似たような状況で苦しんでいる方は

たくさんいると思います。

特に同族経営かつ中小企業のワンマン経営者に

ありがちなパターンかと思いますが

 

社長が極悪人

 

であることに間違いはないと思います。

悪人だから売上げ至上主義で人をぞんざいに扱えます。

従業員を労って優しくしていたら、いつ寝首を欠かれるかわかりません。

怒鳴り、罵倒し、力関係をはっきり示すことで、

牙を抜き、歯向かえない状況を作るのです。

洗脳です、マインドコントロールです。

 

その結果、心の中で不満があっても絶対に逆らわない従順な

イエスマン

の完成です。

 

今の会社の50代以上の先人たちは

全員イエスマン。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ショウ

元プロミュージシャン。
現在、中小企業のサラリーマン。
40歳、妻、子供あり。

結婚を機に音楽業界を引退。
安定した生活を求め、
30代半ばにしてサラリーマンの世界に身を投じるが、
パワハラ、長時間労働が日常的に繰り返される
不条理な世界に絶望し、鬱病寸前になる。

組織に属さない自由な生活を模索した結果、
ネットビジネスの存在を知り、
脱サラへ向けての行動を開始する。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

    カテゴリー

    固定ページ